夏の終わりの「お肌立て直し」大作戦

夏もそろそろ終盤です。夏はお肌にとってとても過酷な季節です。夏の疲れを残したまま乾燥した秋に突入するのはとても危険です。

夏のお肌は・・・

肌がくすむ」
お風呂上りの顔がいつもより白く感じませんか?シートマスクやパックを外した後、色が白くみえませんか?
肌は水分がたっぷり入ると白く見えます。逆に水分が不足すると肌の透明感が失われます。

「肌が硬くなる」
角質層の水分量が減って乾燥状態が続くと肌は硬くゴアゴアしてきます。乾燥からなんとか守ろうと肌が「角質をもっと作ろう!」とするのが原因です。

「肌に艶がなくなる」
肌の艶は「キメがそろっている」ことで肌が光を反射させて艶をつくりだしています。でも乾燥し未熟な角質がどんどん作られることで、デコボコな厚みのバラバラな角層が出来てしまうため、光を反射させづらくなります。

シートマスクで120パーセント保湿

疲れた肌の立て直しには、シートマスクがおすすめです。
今は1枚1000円以上する濃密なマスクがたくさん出ています。
スペシャルな使い方でしっかり水分補給しましょう

1.シートマスクをしたら上からラップをします。
1枚は鼻からおでこまで、もう1枚は鼻のしたから首までラップをかけます。

2.15分くらいでマスクを外します。
時間が長いから良いと言うものではありません。袋のウラに書いてる時間を目安にしましょう。

3.乳液やクリームを薄くのばします。
シートマスクを外したら、手のひらで肌に残った美容液を入れ込み、上からクリームなどをつけて、肌にふたをします。

4.再びマスクをしてラップをします。
寝っ転がると残りの美容液が肌に浸透しやすくなります。ソファーでゴロンとリラックスしながら、ラップの上からローラーでマッサージするとさらにマスクに残った美容液がじゅわじゅわと染み出します。

5D3_6302

5.マスクを外したら再びクリーム
残った美容液をしっかり入れ込んだら、最後はもう一度クリームでふたをします。

マスクは浸透性が高いので途中でクリームや乳液を使ってもぐんぐんはいりますが、このクリームは油分をほどんど含まないのでさらに水溶性の美容液の浸透をさまたげません。油分ではなく3重らせんコラーゲンでお肌にしっかりふたをします。

5D3_7855

マスク→ふた→マスク→ふたのミルフィーユ使いで夏のお肌をしっかり立て直して、秋をむかえたいですね。

関連記事

PAGE TOP