ノーファンデに見えない艶肌の作り方

お肌について、様々な質問を頂きます。
私の知識でカバーできる範囲でお伝えしていますが、中でもいちばん回答に悩んでしまう質問が、
『肌に優しくて綺麗にみえるファンデーションってオススメありますか?』というご質問です。

というのも、実は私、ファンデーションを使っていません。
出来るだけ自分が感じた事や経験を踏まえてお伝えしたいと言う思いがあるので、一般的な事しか伝えられず申し訳なく感じてしまいます。
2016-03-29 01.27.14

化粧は結局落とすもの

ファンデーションは1日の最後には結局落とすもの。
肌を綺麗に保つにはきちんと落とす事が大切だという話はこれまでにも書いてきました。
ファンデーションは肌に塗りこむものなので、それなりに力のあるクレンジングで落とさないと落ちません。落とす効果の高いクレンジングはその分肌にも負担が大きくなります。
逆に低刺激や負担の少ないクレンジングを利用すると十分に汚れや油分が落ちず、ニキビの発生や肌荒れの原因になります。

クレンジングはもっとも肌に負担をかけるスキンケアなので、できるだけ負担の少ないものを使う為には『落としやすいお化粧』が基準になります。ファンデーションを使わなければクレンジングは軽いタイプでも十分です。

ノーファンデのメリット

ノーファンデーションには、クレンジングの負担が少ないことの他にもメリットがあります。
まず、化粧直しが楽チン。ムラもヨレも起こりません。日焼け止めの塗り直しも簡単です。

日中に乾燥を感じたら保湿クリームをつける事もできます。ファンデーションでツヤを出さなくても、保湿でツヤを与えることができます。

ノーファンデメイク

  • 日焼け止めをつけます。ほんのり色がついてるものや下地効果のあるものが肌を綺麗に見せてくれるのでおすすめです。
  • クマやシミなど気になるところにだけコンシーラーをピンポイントで使います。
  • チークにほんの少しワセリンを混ぜて練りチークにして艶と血色感を出します。
  • 指に残ったワセリンをハイライト感覚で顔の高いところにもぽんぽんのせます。少しパールもまぜるとさらに明るさがアップ。

艶を重ねると肌が立体的に見えます。
ワセリンは肌に入らない油なのでメイクの色物と混ぜても安心です。乾燥も防いで艶も出してくれる便利なアイテムです。

ノーファンデなんて恥ずかしいと思われるかもしれませんが、他人はそれほど細かいところまで見てくれていません(笑)
全体的に華やかに仕上がっていればノーファンデでも意外と気づかれないものです。楽して、肌にも優しくて、つやつやで・・・良い事づくしのノーファンデ!試してみてください。

関連記事

PAGE TOP