待って!イオン導入の効果が出ないと落ち込む前にチェックするポイント

シミが薄くなる、ニキビが治る、ハリが出る。
病院でそういった説明を受けてイオン導入を続けているけど、ぜんぜんニキビは治らないし、肌の調子が悪い。

このようなお悩みを聞きます。
今より綺麗になりたくてイオン導入に期待してる分、効果が出ないと不安になりますね。
私もShiho-Skin Shopでオススメしているイオン導入、どうして効果が感じられないのでしょうか。

イオン導入にしか出来ないこと

化粧品は肌の表面「角質層」にしか入っていきません。
角質層は核のない死んだ細胞が10~20層ほど重なってできた層です。核のない死んだ細胞に化粧品をつけただけでは効果に限界があります。肌の奥までしみこむと謳われてる化粧品も「角質層の奥」までしみこむということです。

肌には「バリアゾーン」という膜のようなものがあり、水や油はそこから奥には入らないようになっています。

お風呂に入っても身体が水ぶくれになることはないですよね?
サンオイルをつけても体脂肪が増えたりしませんよね?
バリアゾーンのおかげで私達の身体はまもられていますが、バリアゾーンのおかげで化粧品も肌の奥には入っていきません。

このバリアゾーンを通過して核のある生きた細胞にダイレクトに栄養を与えることができるのがイオン導入です。

なぜ効果が出ないの?

では、なぜ肌の奥にしっかり浸透さても効果を実感できないのでしょうか?

それは死んだ細胞の「角質層」がしっかりと出来上がってないからです。
死んだ細胞なんて化粧品をつけても無駄な感じがしますね。でも角質層は肌を守るための大切は壁です。ここが壊れた状態だと、皮膚は通常よりもかなり速い速度で急いで角質層を作ろうとします。
速い速度でつくられた未熟な角質層は水分をかかえる力も弱く、貧弱な壁しか作れません。
しっかりした大人が守る壁を中学生くらいが守っているイメージです。

そのために乾燥や刺激に耐えられずトラブルが続き、このような状態だと、肌は「守る反応」を優先します。
イオン導入で積極的な「攻める」お手入れをしても「守る」方が優先して行われます。

プラスのお手入れよりも肌本来の機能を回復するほうが優先されてしまうのは不思議ではありませんね。

効果を実感するために

イオン導入も効果をしっかり実感するためには、まずは角質層を健康な状態にすることが大切です。
化粧品で足りない水分や油分を補い頑丈な壁を作ることが先決です!

わたしは、お肌が整ったお客様にしかイオン導入はお勧めしていません。
まずはイオン導入ができるお肌作りをしていただきます。

それからお使いいただくとプラスの連鎖が起き、みなさん効果をしっかりと実感していただいています。

 

関連記事

PAGE TOP