オイルケアのすすめ

とにかく私はオイルが大好きです!
髪も身体も顔もオイルケア。

オイルは手持ちの化粧品に混ぜて使ってもいいし、お風呂でのマッサージにも使えるし、ボディーや髪の毛にも使えてとても重宝するアイテムです!

洗顔後すぐの美容オイル

オイルは最後の仕上げにも使えますが、洗顔後すぐにも使えます。
なんとなく油分は「ふた」のイメージがありますが「親水性」のものなら後からつける化粧水の「呼び水」になってくれます。

洗顔で必要な皮脂まで洗い流されて乾燥したお肌は角質を厚くして水分を逃さないしようにするので『硬い肌』になり化粧水が浸透しづらくなります。

それを助けてくれるのが洗顔後すぐの美容オイルなんです!

洗顔後、手のひらに数滴オイルを落とし手で少し温めたら顔を包むような感じでなじませます。

その後はいつも通り化粧水をつけるだけですが、油分を補ってあげたお肌は水分をぐんぐん吸い込み逃がしません。
化粧水の肌へのなじみ方が違います。

o0480048013516337065

特におすすめはお風呂で使うこと。

実は私はもう10年以上スッピンで(何もつけないで)お風呂に入った事がありません。
かならずオイルやジェルなど肌を守ってくれるものをつけてからお風呂に入ります。

これ意外とポイントです!

お風呂ってお湯もあってスチーム効果でなんとなくお肌が潤ってるイメージですよね。
でも実は過酷な状況にさらされてるんです!

肌内の水分を守ってるバリア「皮脂膜」は水に溶けます。ましてやお湯にはもっと溶けるのでそのままにしておくと肌の内側の水分はどんどん洗い流されてしまいます。

韓国のお友達に、「韓国の女性はお風呂から出たら3秒以内にスキンケアをする!」と聞きました!
そのくらいすぐにつけるそうです。

入浴後が一番お肌が乾燥し、時間がたてば経つほど肌はどんどん乾燥します。
出来るだけ早くつけることがベストです!

でも、たとえば赤ちゃんがいたりして3秒以内なんてなかなか難しい場合もありますね。

そんなときはお風呂でオイルをつけておけば安心です。湯上りであせって化粧台に走らなくてすみますね!

お風呂でゆっくりオイルマッサージ!リンパもマッサージすることで老廃物を流すこともできます。

潤うだけじゃなくデトックスもできます。

良いことづくしですよ♡

関連記事

PAGE TOP