私がMDNAを必要だと思う理由。

スキンケア商品は世の中に溢れるほど存在しています。保湿力UP、コラーゲン配合、原液100%、無添加などなど。選択肢が多すぎて、綺麗になるには何を選べばいいのか、分からなくなってくる人もいらっしゃるかと思います。

わたしは化粧品を選んだり使ったりする時に、まず肌の構造を考えます。
これは皆さん全員が同じなので、よければ参考にしてみてください。

肌のレイヤー構造

肌は3つの層でできています。

  1. 表皮(一番上の皮膚)
  2. 真皮(コラーゲンがあることろ)
  3. 皮下組織(筋肉・脂肪)

いつも使っている化粧品は1番表層にある、表皮に効果があります。

肌にはバリアゾーンという電気の膜のようなものがあり、水や油つまり、化粧品は肌の中に入らないようになっています。

お風呂に入っても身体にお湯が浸透して膨れないのも、このバリアゾーンがあるからなんです。とても助かりますが、そのバリアゾーンがあるために、しみ込むと言っても化粧品が2.真皮層や3.皮下組織まで入る事はありません。コラーゲン配合のものを使ってもそれらがコラーゲンのある真皮層までは入っていくことはありません。

なぜなら、真皮層はバリアゾーンの下に存在しているからです。

シミの元もシワの元もたるみの元も全部バリアゾーンの下に元凶があります。
そうなるとやっぱりバリアゾーンの下もお手入れしたいですよね。
そんなとき、マドンナなら磁力を使ってバリアゾーンの下のお手入れができます。

5D3_5689

バリアゾーンは水や油(化粧品)を通しません!と言いましたが、光、電気、磁力は通します。光が通るので真皮にあるコラーゲンが紫外線でダメージを受けたりするんですね。
マドンナはクレイを強力な磁力で取り除いていきますが、同時にこの磁力が肌の奥まで届き活性化します。

マドンナの特徴は何と言ってもこの吸引される感覚。この時、汚れを取りながら肌も活性化しています。取りきれず多少残ったクレイの粒は磁力を帯びているので、肌の上で細胞を活性する効果があるんです。

5D3_5733
クレイを吸引したらリジュビネーター(この銀色の美顔器)の逆側で美容成分を導入します。身体に流れる微弱電流を利用したディープデルマ導入ができるようになっています。

  1. 表皮(一番上の皮膚)←化粧品で保湿・丁寧な洗顔
  2. 真皮(コラーゲンがあることろ)←美顔器で活性化
  3. 皮下組織←表情筋の筋トレ

お肌の構造と一緒に考えると、どんなケアが必要なのか、どうして必要なのかが分かるので、効率よくスキンケアができるようになると思います!

関連記事

PAGE TOP